株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 納入事例 > 海外事例 > セントルシア国

セントルシア国

政府開発援助で雨量計を納入
海外事例

笠原計器は、政府開発援助(ODA)により、西インド諸島のウィンドワード諸島中央部に位置するセントルシア国に、微小雨量から計測できる雨量計を納入致しました。
今回納入した雨量計は、0.1mmから計測できる転倒ます型雨量計を使い、商用電源不要の乾電池式のデータロガーにより、長期間、雨量を記録出来るシステムとなっています。
雨量データは、内部メモリに記録され、 USBメモリで簡単にデータ回収することができます。
ハリケーンや洪水等の自然災害にたぴたび見舞われているセントルシアにおいて、この雨量観測は、防災対策を講じる上で重要なデータとなります。