株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 納入事例 > 消防・防災 > 広島市安佐南区 八敷福祉会様

広島市安佐南区 八敷福祉会様

ソーラートランスミッタ雨量計を納入
消防・防災

2014年8月の豪雨により大きな被害が発生した広島市安佐南区緑井地区に、雨量ソーラートランスミッタを納入致しました。
この地区では局地的な短時間大雨により、大規模な土砂災害をもたらし、人的被害、住宅の損壊・浸水被害を受けました。
こういった背景から、地元地域の八敷福祉会にて、独自に雨量計を設置が検討されましたが、周辺は住宅街であり、八敷福祉会の会館も総2階建の建物となっていた為、保守面を考えると会館屋上への設置も出来ない状況でした。

この度納入させて頂いたソーラートランスミッタは、太陽電池を利用した特定小電力無線方式による通信が可能である為、電源が無い場所等でも自由に設置が可能となっております。
今回は地元の公園内に、このソーラートランスミッタを利用した雨量計を設置し、特定小電力無線にて八敷福祉会館へ伝送、PCでのデータ処理を行う方式を採用・納入させて頂きました。
将来は、この雨量データを地域住民へインターネット公開していくと共に、メールでの配信が検討されており、今後の防災活動や自主避難に利用される予定となっております。

 

PC画面 設置イメージ