株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 納入事例 > 消防・防災 > 目黒区役所様

目黒区役所様

水防監視システム
消防・防災

目黒区役所は、2003年1月の本庁舎移転に伴い、目黒区都市整備部・土木工事課所管の「水防監視システム」を移転・更新を行いました。
本システムは、「雨量・水位監視システム」と「水位警報システム」で構成されています。 目黒区内に流れる目黒川の溢水や窪地、低地での浸水による家屋への流入など、都市型水害を最小限に抑える為に導入されました。
水防監視システムは「水防監視システム表示盤」や「端末(パソコン)」から、リアルタイムで観測データを利用することが可能です。
また水位警報システムは、目黒川の水位が上がり、溢れる危険がある時には周辺住民に警戒を促すシステムになっています。警戒水位や危険水位を超えると観測データを判断し、自動警報(サイレン・音声)を発します。

■気象データの把握

区役所に送られてくる雨量・水位観測データを集計し、専用WEBサーバでデータの蓄積・分析を行い、ネットワーク上の端末(パソコン)から、データの閲覧・分析・印刷等が出来ます。

● 各土木事務所などからの観測・閲覧
ネットワーク上の端末(パソコン)から、一連の全ての操作が出来ます。
● データの解析
データベースに対応することにより、長期間のデータ蓄積・解析が可能となっています。簡単な操作で時間や日付単位の詳細な帳票グラフを表示・印刷することが出来ます。

● 直感的で見やすい画面
各観測項目や観測エリアをアイコンなどを利用して、わかりやすく分類しており、グラフ表示などにより観測値の推移を直感的に把握することが出来ます。