株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 納入事例 > 公共交通 > 広島県鹿島大橋

広島県鹿島大橋

警報付風向風速システム
公共交通

瀬戸内地方には数多くの島が点在しており、それぞれの島は橋によって結ばれています。

今回、広島県呉市において鹿島と鹿老渡を結ぶ鹿島大橋に警報付風向風速システムを納入しました。

■ 警報表示板

本システムは風向風速計と警報表示板2台で構成され、
風速値が予め設定した注意値又は警戒値に達すると鹿島側と鹿老渡側に
それぞれ設置した警報表示板で通行者に対して注意を促します。

また、本システムには自動通報装置を装備しており、
風速が注意・警戒値に達したとき、警報表示板への表示と同時に、
一般公衆回線を介して、登録した関係者に対して、
音声通知及びメール通報をする機能を持っています。

橋梁部には風を遮るような建造物などが周辺にないため、
強い風が吹きやすい場所ですが、本システムを導入することで
通行者の皆様がより安全に通行できるための手助けになると期待されます。
■ 風向風速計