株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 納入事例 > 消防・防災 > 中国国家環境保護総局

中国国家環境保護総局

雨水採水システム
消防・防災

2007年7月、中国国家環境保護総局に酸性雨観測を目的とした雨水採水システム32セットを受注し、2008年2月29日に機器設置を完了しました。酸性雨は自国で排出した汚染物質が国を超えて拡散しますが、特に経済成長の目覚しい東アジア地域では、大気汚染が深刻化して酸性雨の原因物質の排出量増が見込まれており、各国が協力して酸性雨問題に対処することが求められています。
■新疆阿勒泰完成写真
このたび採用となりました雨水採水システムは、雨水採水器、雨量計発信器、データロガー(OKSAM-4100)で構成されています。この雨水採水器US-330型シリーズは、弊社が過去製作してまいりました降下物採取器のノウハウを活かし、全国の酸性雨研究者の皆様よりご意見を賜り、完成した製品です。1998年に1号器を製作し、その後国内、東アジア圏に販売を展開してまいりました。
雨水採水器本体に付属している感雨雪器は、耐久性のあるSUSポリミドを電極に採用しており、降雨が有れば1分以内に雨水採水器の入水口の蓋が開き、降雨終了後、3分以内に受水口を蓋が密閉いたします。受水口(φ200)はテフロン処理されているため、雨水に物質が混ざりにくい構造になっており、降下した雨水は本体内部の冷蔵庫(3L×2個のポリ容器)に保存され、その試料は5℃にて保存されます。降雪の有る地域についてはヒータを取り付け降雪時でも動作致します。

■US-330H ■システム構成図
この分野の製品は環境省が示すガイドライン(EANETマニュアル)がありますが国内で最も実績のある、この雨水採水器US330型シリーズが「東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(通称EANET)」の標準となっています。
国外からのさまざまな物質が国境を越えて日本国内に飛来し、地上に降下してきます。当社は、今後も環境問題に貢献する製品を製作し、お客様のニーズにお答えしてまいります。

■西蔵自治州環境観測センタ完成写真