株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 納入事例 > 海外事例 > スリランカ国様

スリランカ国様

総合気象観測システム
海外事例

スリランカ国は、2016年までに、国内電力の10%を
クリーンエネルギーでまかなうとする計画を立て、
積極的に風力発電や太陽光発電の導入に取り組んで
いますが、日本政府は、この取組に支援するため、
2009年度より、
「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」
を実施致しました。

NEIは、2011年7月、この太陽光発電設備に総合気象
観測システムを納入致しました。
本システムは、太陽光発電の効率検証と環境計測のため、
拡散日射、全天日射、傾斜日射の他、風向、風速、気温、
雨量および太陽光パネル温度を計測し、データ処理
コンピュータにより、データ演算集計、表示、保存、印刷を
行うシステムを製作し、スリランカ/ハンバントタにおいて、
機器の取付調整および現地職員への操作、保守トレーニングを実施致しました。
このプロジェクトは、およそ15000平米の敷地に、
3500枚あまりの太陽光発電パネルが設置され、
管理棟も新設されましたが、この管理棟のメインロビーに
取り付けられた大型ディスプレイには、NEIのシステムで
処理した気象データと発電効率を示すデータが常時表示
されています。