株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 製品情報 > 雨量計・積雪計

雨量計・積雪計

転倒ます型雨量計や温水式雨量計、重量式雨量計や降雨強度計などの雨量計とスーザー積雪計・超音波積雪計(積雪深計)だけでなく自動雨水採水器、路面凍結検知センサー・路面温度センサーなども紹介。

表示方法

転倒ます型雨量計発信器 RS-102,103シリーズ

口径200mmの受水口に入る雨水により、転倒ますが正確に転倒して、0.5mmまたは1.0mm毎に接点パルス信号を出力します。 目詰まり対策ろ水器により、豪雨などでも転倒ますに雨水が正確に入るよう工夫しています。

転倒ます型雨量計発信器

温水式雨量計発信器 RS222,223

二重構造の外筒に不凍液を注入し、保温することで、ヒーター熱による降雪の蒸発を抑え、降雪を融雪して正確に測定することができます。 また目詰まり安心ろ水器を標準装備しています。

温水式雨量計発信器

転倒ます型雨量発信器(0.1mm) RS-501

受水口径を大きくし微量の雨量から測定できる転倒ます型雨量計発信器です。 通常の口径200mmを282.8mmとして0.1mm単位の雨量を検出し、リードスイッチにより接点パルス信号を出力します。

転倒ます型雨量発信器(0....

降雨強度計発信器 RS-635

雨量を詳細に検出し、1分単位で降雨の強さを検出します。 口径200mmの受水口径より雨量が入り、ノズルからあふれ灯油層の中に滴下する水滴(約0.0083mm雨量相当)を光電スイッチで検出しパルス出力します。

降雨強度計発信器

感雨雪計発信器 NS-100

無指向の円錐形状の表面に櫛形のプリント板電極を貼り合せ0.5mm以上の水滴で短絡し、降雨有りをいち早く知らせます。 また、降り終りの精度を上げるために外気温を計り電極表面のヒータ温度をコントロールしています。

感雨雪計発信器

助炭

強風時、雨は受水口に入りにくくなります。 雨の捕捉率を高めるため、この助炭は温水式雨量計発信器RS-222・RS-223用に開発しました。

助炭

重量式雨量計 プルービオ

密閉されたロードセルにより、微少の雨や豪雨をリアルタイムに計測することができます。 従来の「転倒ます方式」に比較してメンテナンスいらずで、秤量原理により雨量の重量を直接計測しますので、計測誤差が少なく、−25〜45℃の環境下で分解能0.01mmを実現しました。

重量式雨量計 プルービオ

レーザ式降雨センサー(Thies社製)

光学レーザを使用して、降水量と降水強度及び雨滴の粒径・速さを正確に測定するセンサーです。0.16mmの雨滴径より測定できます。

レーザ式降雨センサー(Th...

降雨強度センサー(Thies社製)

コの字の間を通過する降雨を検知して、降雨強度をリアルタイムで検出します。

降雨強度センサー(Thie...

雨量データロガー(LAN対応・メモリ内蔵型) RCL90

転倒ます型雨量計発信器からのパルスを計測して、10分間定時値を1ヵ月分保存します。 LANまたはシリアルポートにより、データ収集装置(パソコン)からの呼び出しに応答して、保存した計測データを出力します。

雨量データロガー(LAN対...

WEB雨量計 N-68WEB

ネットワーク環境を活用した雨量監視システムです。 既にイントラネット網を整備されていれば、IP接続するだけで特別なソフトがなくてもネットワーク上のPCから、いつでも、どこからでも雨量データを監視することができます。

WEB雨量計

警報付雨量計(ネットワーク対応) N-720KDL

雨量警報装置は標準でLANインターフェイスを搭載しており、既存のネットワーク網をいかして、雨量監視を行うことが可能です。 また、3項目(10分、1時間、日、累計雨量から選択)について、それぞれ2段階で警報設定が可能です。

警報付雨量計(ネットワーク対応)

雨水貯蔵バルブコントローラ C-R602

ビルなどの屋上に降った雨を捕集し、初期降雨に含まれる汚れは捨てて、綺麗になったところでバルブを作動させ貯水槽に溜めます。

雨水貯蔵バルブコントローラ

隔測自記雨量計 N-606

転倒ます型雨量計発信器の信号を自記電接計数器で計数記録します。 雨量パルスを受けて電磁石が働き、ラチェットおよびカムによってペンが自記円筒時計に巻いた記録紙に電接回数を記録します。

隔測自記雨量計

長期隔測自記記録器 RR-2011

発信器から送られてくるパルスを、リレーとパルスモータにより1ステップ毎に階段状にペン書させる、パルス積算記録器です。

長期隔測自記記録器

スキャン式レーザ積雪計 C-F422

測定点(積雪面)をスキャニングして正確な積雪深を測定します。 内蔵のレーザスキャナの走査で、最大342ポイントの積雪深を連続計測しているため、積雪面が乱れても、安定した測定が可能です。 CPU処理で多数のデータの中から異常値を除去するため、人や動物の侵入などが原因の誤計測がなくなりました。

スキャン式レーザ積雪計

レーザ積雪計 C-F322

積雪面に非接触で測定可能な、高性能レーザ式積雪計です。 検出部には半導体レーザを使用しており、温度湿度や風などの外的影響をほとんど受けずに観測することができます。 位相差方式の採用でノイズにも強く、正確な測定が可能です。

レーザ積雪計

超音波積雪深計 C-F252/242

送受波器から雪面に向けて超音波パルスを発射し、その反射波の空中伝播時間を測定し、積雪を検出します。 超音波の空中伝播速度は、大気の温度によって変わるので、音速補正装置によって気温を測定し、精度の高いデータを得ます。

超音波積雪深計

酸性雨自動分析システム C-U273

降雨や降雪の有無を自動的に検知し、湿性降下物および乾性降下物を分けて採取します。 湿性降下物は降り始めから一定量を自動的に採取し、その成分を自動分析して結果をアナログ記録すると同時にデータロガーに収録します。

酸性雨自動分析システム

自動雨水採水器 US-330/US-330H

本器は、感雨器により蓋を自動開閉し雨を一括採取して、試料を冷蔵庫内に保存します。 寒冷地用としてヒーターを組み込むこともできます。 また降雨時以外は降下じん採取も可能なように、デポジットゲージもオプションで追加可能です。

自動雨水採水器

路面凍結検知センサ P-DSC111

路面状態を非接触でセンシングする最新の光学技術をもとに、3種類の周波数の異なるアイセーフレーザ光を上部レンズより送信し、下部レンズで受信します。

路面凍結検知センサ

路面温度センサ P-DST111

長波赤外線放射を利用した光学式路面温度センサです。

路面温度センサ

←前へ次へ→