株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 製品情報 > 風向風速

風向風速

2線式風向風速計や警報付風向風速計、小型風向風速計など気象測器メーカーだから作ることのできる高精度な風速計だけではなくデジタル表示器、試験器や防氷装置など風速計関連製品を紹介

表示方法

2線式風向風速発信器 N-262LVS/SV

風向・風速検出部に光エンコーダの採用により機械的な接触構造を無くし、起動性に優れ、高精度に測定します。 検出した風向・風速信号は供給電源を重畳させた2心ケーブルでの接続が可能となった画期的な風向風速発信器です。

2線式風向風速発信器

風向風速表示器 N-262D

最大最小風速や風向変動幅を表示し、風の動きを立体的に捉えてデジタル表示します。 表示は、瞬間値・2分間平均値・10分間平均値を切換表示します。また、各種アナログ/デジタル出力を備えています。

風向風速表示器

微風向風速発信器 N-800S

N-262LVS型2線式風向風速発信器を小型軽量化し、起動風速、距離定数を更に向上させた風向風速発信器です。 0.4m/sの微風域から90m/s以上の強風域まで高精度に測定します。

微風向風速発信器

温風式防氷装置

風向風速発信器の寒冷地の防氷対策として、発信器内部に温風を送風してプロペラの回転部、風向回転部の凍結を防止します。(気象庁採用方式)

温風式防氷装置

風向風速発信器 N-363シリーズ

プロペラ軸に直結した交流発電機により風速を検出します。 観測用途に応じ、各種の風向検出方式があります。

風向風速発信器

防氷型風向風速発信器 N-462D

寒冷地における凍結防止用ヒーターを風向回転部に組み込んだ風向風速発信器です。 風速は交流発電機により検出し、風向は、直流セルシンにより検出します。

防氷型風向風速発信器

小型風向風速発信器 N-564シリーズ

従来型の約70%の大きさにした風向風速発信器です。 風速はプロペラに直結した交流発電機により検出し、風向は尾翼に連動した直流セルシンにより検出します。 N−564P11は、風向検出部がポテンショ式となります。

小型風向風速発信器

WEB風向風速計 N-363WEB

風向風速発信器とWebユニットと風向風速デジタル表示器で構成され、既にイントラネット網が整備されていればIP接続するだけで、特別なソフトがなくてもネットワーク上のPCから、いつでも、どこからでも風向・風速を監視することができます。

WEB風向風速計

2線式風向風速発信器+変換器+PC N-363DL-PC

2線式風向風速計発信器の信号をシリアル信号に変換して直接パソコンに取り込み、表示、保存、印刷を可能にします。 NTT回線やネットワーク等を使用し、遠隔地の風向風速データを観測することができます。

2線式風向風速発信器+変換...

3点警報付風向風速計 N-23KLP

風向風速発信器からの信号を受けて風向風速データ、警報を表示し、出力する警報付き風向風速計です。 外部通信用としてLANインターフェイスを標準装備しています。

3点警報付風向風速計

防氷装置 WH-103

風向風速計の発信器が雪氷に覆われ観測不能になる事を防止する防水装置です。 発信器にパイプヒーターを取り付け、気温と風速(オプション)の情報により自動的にスイッチングを行います。

防氷装置

風向風速発信器 WS-BN6

2線式風向風速計で風向に非接触磁気検出器、風速にブラシレス磁気パルス方式を採用しています。 劣化に強く、また低トルクで起動し、微風速から強風まで高精度に測定できます。

風向風速発信器

風向風速変換器 CC-7011

風向風速発信器WS-A56またはWS-B56型の信号を変換する2線式風向風速変換器です。

風向風速変換器

風向風速デジタル表示器 WI-702S

この風向風速デジタル表示器は、2線式風向風速計WS-B56、WS-A56型発信器に直接接続することができます。 表示器には変換器CC-7011が内蔵されています。表示と同時に外部に多彩な信号を出力します。

風向風速デジタル表示器

モデムベーン C-W602

この風向風速計は、軽量に作られており、ブラシレスのパルス方式のため、微風速から強風まで高精度に測定できます。 発信器にはCPUが組み込まれており、発信器から直接モデム信号が取り出せます。

モデムベーン

風向風速計 ワイヤレスベーン ソーラ型・商用電力型 C-W659、C-W669

商用電源のとれない場所の風向風速データを、太陽電池を使い無線送信する風向風速計です。 429MHz帯の特定小電力無線により瞬間値を無線送信し、受信側ではWebユニットにより瞬時値、平均値、グラフ、帳票などをWebブラウザで表示、閲覧することができます。

風向風速計 ワイヤレスベー...

4要素自記風向風速計(ハイブリッド) C-W175

防災関係で有意義な瞬間風向風速と平均風向風速の4要素を、同一記録紙上に記録します。 また1時間毎にデータを記録し、外部出力機能もついています。

4要素自記風向風速計(ハイ...

自記風向風速計(2ペン、6打点) C-W105,115

発信器は、風向に磁気検出器、風速にブラシレス磁気パルス方式を採用しており、低トルクで起動し、互換性に優れています。 信号は、記録器内蔵の変換器において各種信号および警報を取出すことができます。

自記風向風速計(2ペン、6打点)

カード式風向風速計 C-W800C

発信器は小型軽量強靭で可搬性に優れ、三脚に取付けられます。 データレコーダーは内部バッテリーで長時間動作し、小型防滴ケースに収納されているため、フィールドでの使用に適しています。

カード式風向風速計

光風向風速計(8芯光ファイバ式) C-W324

風向、風速検出部および伝送路は全て光回路で構成した風向風速計です。 光式風速計発信器は風速(風杯の回転数)に比例した光パルス、光風向計発信器は内蔵した符号板で風向(角度)に応じたデジタル符号信号として光ファイバー線で変換器へ送信します。

光風向風速計(8芯光ファイバ式)

指示風向風速計 N-1

プロペラの回転により、風速に比例して発生した電圧を広角指示計で瞬間風速として指示します。 また尾翼の追尾によりセルシンが回転し、広角指示計で瞬間風向を指示します。

指示風向風速計

大型指示風向風速計 N-1W

プロペラの回転により発生する風速に比例した電圧と尾翼の追尾によるセルシンの回転信号を受け、大型の広角度指示計器で瞬間風速と瞬間風向を指示します。 夜間照明用の光量調整(オプション)が付きます。

大型指示風向風速計

警報付風向風速計 N-23

指示風向風速計の風速指示器に光電式検出回路を設け、設定した風速値になるとランプが点灯しブザーを鳴らして警報を発します。 警報の設定は指示器前面のつまみで任意に設定できます。

警報付風向風速計

超音波式風向風速計 NU-2D

超音波式風向風速発信器は、風速ベクトルの和と角度成分を求め、シリアル信号(RS-422)で指示器へ入力します。 発信器は可動部が無く、風速0m/sから計測が可能で、メンテナンスフリーとなっています。

超音波式風向風速計

3軸超音波式風向風速発信器 NA3D

超音波は、風速により伝搬速度が変化しますが、この特性を利用して、垂直方向および 水平方向のX,Y,Z方向の風を正確に測定し、ベクトル合成して風向・風速を測定します。

3軸超音波式風向風速発信器

超音波式トンネル風速計 N-20UV

発信器は、風速により超音波パルスの伝播速度が変化したものをベクトル演算し、トンネル内の風速を測定します。 また、変換器では、発信器から、シリアル信号をアナログ信号(4〜20mA)に変換し、外部出力します。

超音波式トンネル風速計

小型超音波式風向風速発信器 + ポケットPC NU-100

小型プロペラ式風向風速計に替わる次世代風向風速計です。 測定単位等はパソコンから設定でき、オプションでRS-232C、RS-422、アナログ出力が選択できます。 また、取り付けも容易です。

小型超音波式風向風速発信器...

風杯型矢羽式風向風速計 NS-30A/ND-30N

風杯型風速発信器と矢羽根型風向発信器を組み合わせて風向・風速を測定します。 寒冷地向けに風速および風向の回転軸にヒーターを入れ、凍結を防ぐことができます。

風杯型矢羽式風向風速計

回転試験器

風向風速発信器用の簡易型動作試験器です。 規定の回転数で発信器の風速軸を回転させ、その時の風速値及び回転数をデジタル指示器で読み取り、動作を確認できます。

回転試験器

←前へ次へ→