株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > 製品情報 > システム関連 > 汎用データロガーCK-4100

汎用データロガー CK-4100


気象観測用の検出器はもとより、あらゆる測定値や状態監視信号、レンジ信号などを入力してメモリするとともに各種の回線を介して通信する装置です。

●拡張基板を実装できる構造になっており、ユーザーの用途に最適なシステムを構築できます。
●LCD表示器とキーボードを標準実装しており、現場でデータの確認や設定の変更等が簡単に行えます。
●内蔵フラッシュメモリ(1MB)の外に、CFカードインターフェイスを持ち、市販のCFカードを使って計測データ等の保存ができます。
●10BASE-TのLANインターフェイスを持ち、直接ネットワークに接続でき、TCP/IPまたはUDP/IPプロトコルを使ったソケット通信ができます。複数のクライアントまたはサーバとの同時通信も実現可能です。
●RS-232Cインターフェイスを持ち、パソコンと直結できるほか、専用回線モデム、一般公衆回線モデム、携帯電話モデムと接続できます。また、さまざまな通信シーケンスに対応しており、リアルタイムデータのデータ収集はもちろんのこと、リモートアクセス、過去データの収集、設定情報の参照及び変更等が可能です。
●それぞれの通信回線でインターネットに接続でき、メールで観測データ、故障情報、警報などを送信できます。


            

この製品に関するお問合せはこちらから