株式会社 日本エレクトリック・インスルメント
English       お問合せ
NEIウェブサイト > ソリューション > 公共交通

ソリューション

航空気象観測システム

当社の風向風速計や気象観測機器、システムは国内の空港・ヘリポートだけなく海外の空港でも活躍しています。

高速道路気象観測システム

自動車専用道路の路側またはインターチェンジ等に気象センサーおよび気象観測局を設置し、データ変換及び処理することによって、気象データを上位に送信するシステムです。

鉄道気象観測システム

沿線の気象状況を、正確に、瞬時に運転司令所へ伝える、 最新の鉄道気象観測システムを提案致します。

沿線風監視システム

鉄道の沿線に設置した風向風速計及び風速計の観測データを既設通信回線などを介して、運行指令室で集中監視します。強風の発生に対し、リアルタイムで注意を促し列車の安全運行に備えます。

道路冠水監視・表示システム

本システムは地下道(アンダーパス)や隧道などで発生する道路冠水状態を監視し、表示盤などで車両などに注意喚起するシステムです。ゲリラ豪雨などによる、急激な増水による災害防止システムです。

ヘリポート気象観測システム

ヘリコプターの離着陸には風向、風速などの気象データが非常に重要です。本システムは、風向、風速のほかに視程、雲高、気温、気圧、雨量を総合的に観測処理し、必要な情報をリアルタイムで配信します。

道路気象観測システム

本システムは強風、大雨、降雪、濃霧など安全な交通を妨げる気象現象を正確に測定し、通行するドライバーへ迅速に情報を提供します。この気象データは、道路の維持管理にも役立っています。